MESSAGE

社長メッセージ

ワーク・ライフバランス

を保つため

スマートファクトリーを加速

吉村 智敦

代表取締役社長

同じ方向を目指せる方をお待ちしています。思いが通じ合えばどんな問題も解決し成長すると考えています。協調性が最も大切と考えています。努力を惜しまず、収入を増やしたいは特に向いていると思います。

新しいノウハウで躍進を続けている株式会社日本超特急部品。
どのような人材(仲間)が必要となるのでしょうか?
また年間休日が多い理由や、目指していく目標やビジョンについて、社長が語りました。

どうして日本超特急部品(J-SEP)を立ち上げようと思ったのですか?また、年間休日も非常に多い会社ですが、どのような理由があるのでしょうか?

製品ライフサイクルが短期化する現代、以前と比べて製品を生産する設備の導入期間も非常に短くなりました。 しかし、当社が取り扱う設備用部品(多品種少量生産)は量産部品に比べて属人化作業が多くお客様の要求する納期までに日数を要します。 これでは調達担当のお役に立てているのか? お客様の立場に立って対応が出来ているのか? と思い、短納期に特化した当社を立ち上げました。 生産時に不具合が発生すると短納期に間に合わせる事が出来ない為、絶対の品質プロセスが必須となります。 納期・品質が安定する事でコストに反映すると考えています。 当社は生産時間を減らして年間休日を多く確保しているのでありません。 寧ろ生産時間は多く、夜間・休日に設備を自動運転する事で時間の有効利用をしています。 AI・Iotを駆使し、予定通りに生産を進め、イレギュラー対応作業を最小限に短納期を実現しさらにスマートファクトリーを加速させています。 ヒトがヒトらしく、ワーク・ライフバランスを保つためにも更に多くの休日が必要と考えています。

これから会社をどのように成長させていきたいですか?目指している目標やビジョンなどを教えて下さい。

お客様の目線でサービスが必須と考えています。現在の「特急」以外にも特化したサービス提供を計画しています。そのためにも「INDUSTRY4.0」を進め、更なるスマートファクトリーを構築したく思います。 ハードルは高いと思いますが、多品種少量生産であってもロボット等を使用し出社率を減少させ就業場所を選ばずモノつくりができる環境を構築したく思います。 これにより育児・介護環境であっても、休業・退職する事無く自宅等で働ける環境を整えることで、技術の蓄積が可能となりお客様にも安定的なサービス提供が可能と考えています。

最後に、どのような人材(仲間)に応募してもらいたいですか?社長ご自身が考える一緒に働きたい人材(仲間)を教えてください。

同じ方向を目指せる方をお待ちしています。 思いが通じ合えばどんな問題も解決し成長すると考えています。 協調性が最も大切と考えています。 努力を惜しまず、収入を増やしたいは特に向いていると思います。 個人の成果を毎月給料に繁栄も準備しています。 また、将来的に自身で独立開業したい方の応援もしていますので、能力に自信のある方は在籍中に経営を学ぶ事もお勧めします。 現在は能力が自信のない方も安心して下さい。 700種以上のマニュアルを準備しています。 未経験者が数週間後に1人で設備を操作する実績もあります。

JOIN OUR TEAM